FC2ブログ
 明日から、6月と云えば・・・

皆様、何が思い浮かびイメージされますか?
私の中でイメージされる6月はインドネシア・バリ島と長崎でのサーフィンです。

スコールが降りすぐに道路が水浸しになる雨季から乾季に変わる6月のバリには
世界中からオフショアと巨大なうねりのビックサーフを求めてサーファーが集まります。
10年程前の私もその一人で、単身エアチケットとサーフボードだけ持って
話にだけ聞いた・こことここのストリートの角に行けばラチャンって奴が居るから
っ云う紹介?をあてに気が付けばデンパサール空港。
むぅわっとした密度の濃い空気に包まれインドネシアに来た事を身体が認識する。
空港の両替から既に始まってるから~と聞いてはいたけど
早速のごまかし。
笑顔で”ヘイヘェーイ”って言うと笑顔でごまかし分の両替を返してくれる。
その中から、バリ島これから宜しくの意味も込めて適当な金額をプレゼント。



エッセイ風にまた次回
続編かも知れませんしまったく違った話かもしれませんが
また今度 です。

(お客様係り:朝倉)
スポンサーサイト



2008.05.31 Sat l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲
今日は割と過ごし易い一日のようですが、
昨日の夜なんか寝苦しかった方も多いのではないでしょうか。
サービスマンとしては、嫌な季節が近づいてきましたぁ

ところで私達博多廊では男性は全員スーツ!

女性は全員着物!!!なんです!!

一昔前のクールビズではないけども、
『せめて夏用が欲じいっ!』

・・・と思う今日この頃です。

さてそんな中でも旬の味を皆様へ届けたい♪

ブログをご覧の皆様にだけ、一足早く6月のお献立を教えちゃいます

前菜より・・・鯵のバッテラ

お造りより・・・伊佐木焼霜
         活きイカのお造り

蒸し物・・・オープン当初からの人気の一品『出来たて温豆腐』
      になんと生ウニが付いてくる☆

メイン・・・味美鶏ももの炭火、若楠ポークの炭火、和牛の炭火ロースト

                                          などなど・・・

ここでは全部紹介しきれませんっ

もちろん上記メニュー以外にも沢山のお料理、お飲み物を用意し
皆様のお越しを心よりお待ちしております。

雨宿りがてらでも、博多廊を少し覗きに来て見て下さい♪


【博多廊ディッシュアップ担当:中川 大輔】
2008.05.30 Fri l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲
麦わらイサキ

産卵を終え、脂も落ち旨味がなくなった鯛の事を「麦わらタイ」と呼びますが、
旬を迎え、最高に旨味を増したイサキを「麦わらイサキ」と呼ぶ事をご存知でしょうか?

魚は産卵時期がおいしいといわれますが、イサキの産卵時期は初夏「6月~7月」で
まさに今から旬を迎えます。

isaki.jpg

この「麦わらイサキ」刺身・塩焼き・煮付け、何でも良く合いますが、私のおすすめは
皮目を直火で炙った「焼霜造り」が特に一押しです。
皮目を炙ることにより、皮と身の旨味成分が一体化し、より旨さが増します。

aburi.jpg

この「焼霜造り」
博多廊では、長崎産の1本釣りのイサキにこだわり
6月からの3,000円おまかせ料理(昼のみ)で登場します。
夜のおすすめメニューにも登場しますので、是非1度ご賞味ください。

blog 003

良く冷えた生ビールと供にお待ちいたしております。

総料理長
首藤


2008.05.29 Thu l 日記 l COM(0) TB(0) l top ▲
日中は汗ばむほどの暖かさになりました。
あっという間に、5月も終わりですね・・・

皆様、いかがお過ごしですか?

『旬』を感じれるものは沢山あるものですが・・・

昨日、私が毎日通っている美容室(上川端のTag)エントランスに
一鉢さり気なく置いてある『あじさい』に

心癒され・・パチッ

ajisai.jpg

あじさいを見ると、梅雨を感じるのは私だけ??

あっ・・・忘れていました。

私は毎日着物を着ているんですが、今からの時季に着る衣(ひとえ)を作っていました。

kimono 11

本人着用の写真はまだございませんが・・・

kimono ze

少しでも店内で季節を感じていただけたら・・・

この着物を着て6月は皆様をお迎えいたします!


皆様も是非、お着物でいらしてください!
ちょっとしたサプライズをご用意して、お待ち申し上げております。

時節柄、お身体にご自愛くださいませ。

女将 松藤
2008.05.28 Wed l 女将 l COM(0) TB(0) l top ▲
山々や街中にも青々しい葉がみなぎっていますね。

先日実家に帰ったときの事です。

梅の木にたわわに実った小梅を見つけました。
これで梅酒を作ったら美味しいだろうな・・・と一人考えてしまいました。
それに加え、ざくろの花も咲いていました。
これもまた、秋なったら美味しいざくろが・・・と一人・・・

博多廊には様々なお酒をご用意しております。
焼酎、日本酒、果実酒、和酒にこだわらず、カクテル、洋酒とお客様の
好みに合うお酒を選んでいただけると思っています。


一般的に、和食にワインやウィスキー等の洋酒は合わないといわれる事が多いです。
しかし、必ずそうとはいえないのではないでしょうか。

もちろん、刺身にあうワインは数多くありますし、醤油・山葵に合うようにと造られている
ワインも存在します。

また、ウィスキーが好きな方(私も好んで飲みますが・・)には、博多廊特製の干物系や
脂の旨味たっぷりの若楠ポーク等は軽く炭酸で割ったウィスキーとの相性は良いです。


そんな、様々な提案ができる様にスタッフ一同ただ今も勉強中でございます。


遅れましたが、日本酒、焼酎、ノンアルコールも数多くございますのでご心配なさらずに・・・

サービススタッフ 川

ume.jpg

zakuro.jpg
2008.05.27 Tue l 日記 l COM(0) TB(0) l top ▲
皆さんご存知のとおり、「博多廊」は九州の旬の食材を使った和食を堪能いただけるお店です。
ですがお料理には、イタリアン、フレンチ、中華、折衷、たくさんのジャンルがあります。

「福岡(全国)の最近の流行は」
「こんなおもしろい食材がありました!」
「この料理を和食でアレンジしたら面白そう!」

そんな情報を現場に伝えることで、
お客様にさらに喜んでいただける料理をお出ししたい。

バックヤード部隊の一員として、
リサーチという名のグータンな夜会活動に、
今後もいそしみたいと思います。

マーケティング 石井




2008.05.26 Mon l 日記 l COM(0) TB(0) l top ▲
暑い夏がやって来ます。
プロ野球ではセ・パ交流戦も始まり、今がまさに「球旬
天神もソフトバンク・阪神戦の影響か、人通りも多く大変賑わっております!

ということで・・・・博多廊も野球します!!!
来る6月17日 場所は榎田中央球場 朝7時プレイボールです。
対戦チームは某飲食店のチームです。

試合にむけて実家が大阪なので手元にグローブがないので、二岡(巨人)モデルのグローブ買いました。基本的に形からはいるタイプです(笑)そして阪神ファンです・・・
勝利にむけてみんなで練習しようね、みんな!!

是非是非博多廊スタッフに興味がある方、野球がお好きな方は、応援お待ちしております!!

(サービススタッフ:田村 高太郎)

2008.05.25 Sun l もよおし l COM(0) TB(0) l top ▲
はじめまして!! 

ゆる~りと、暑さ厳しくなってきておりますが皆様、いかがお過ごしですかぁっ?
私、博多廊のエントランス サービス&予約承りを担当しております 後藤 好枝と申します。★

九州の旬 博多廊で活きているからには? 旬にうるさい私です。(笑)
毎日、店舗までテクテクと初夏の風を全身に浴びながら福岡の街を歩いています。

ちょうど、警固の裏ロジをオープン テーブルでグラス(もちろんビールグラスです!!)片手に
楽しまれてる人を眺めては「いいなぁ・・。なんて、」。

そうです!!もうビールが美味しい季節に突入ですよ・・・。
ビールのお伴に・・・ そんな、旬の旨いものが博多廊にはいっぱい いっぱいございます。

今、私の一押しは 「鱧」 !!

他にも、数え切れずの食材はありますが、とにかく食べてごらんあれ。

「鱧」??九州の方にはあまり縁遠いかもしれませんが夏の味覚には欠かせないものです。
特に、女性の皆さん・・「鱧の皮にはコンドロイチンが多く含まれており、人の皮膚の老化防止に役立つそうです。」 そんな、鱧を博多廊ではお鍋にゆるり ゆるりとしゃぶ鍋でご用意しております。

ぜひ、「鱧」はまだ一度も・・という方も、今年はまだという方もご賞味あれ。

そして、鍋の〆には~  このあとは、お越しになってからのお楽しみ・・・・・・(笑)。

*サービススタッフ 後藤
2008.05.24 Sat l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲
みなさん、『シズル感』という言葉を知っていますか?

由来としては、【SIZZLE】:揚げ物がジュージューいう音の擬音語なのですが、
今は、調理中の臨場感を表現する言葉として用いられています。

新鮮な魚介やのお野菜、美味しいお肉など、
目の前で調理してもらって食べると美味しさ倍増ですよね?
博多廊では、この『シズル感』を存分に楽しむことができます。

オープンキッチンで、活魚をさばいたり、お肉を焼いたりなど職人の技もご提供してます。
大きな水槽では、長崎の五島、呼子などから届いた旬の魚が泳いでおります。
目でも耳でも満足していただきます。
また、ご来店時にはそのオープンキッチンから気合の入った職人が、
威勢よく「いらっしゃいませっ!!」とご挨拶します。これも一つの『シズル感』ではないかと思います。

私は、サービス担当なのですが、この『シズル感』の中で気持ちよくサービスさせていただいてます。

皆様も是非ぜひ体感してください。


皆様のご来店を博多廊スタッフ一同、この『シズル感』とともに、心よりお待ちしております。


(担当:大塚)
2008.05.23 Fri l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲

暑い日が続くと体力を消耗します。
今日の最高気温は25℃だったようです。
そんな、暑いときこそお風呂でリラックスして、疲れを取るのが
良いと聞いたので、ちょっと調べてみました。


夏に湯船につかると、湯あがりの汗がなかなかひかないという方は、
いつもよりお湯の温度をぬるめ(38℃前後)にしてみるといいようです。
体温に近い温度のお湯にゆっくり15分以上つかっていると、体を休める
副交感神経の働きで血管が広がって、心身ともにリラックスできるのだとか。
また、ぬるめのお湯だと体温があまり上がらないので、湯あがりに大汗を
かくこともないそうです。
なかなか、平日は時間もなくてシャワーで済ませるという方も試してみると
良いかもしれません。


私も、さっそく次の休みに試してみようと思います。


夏こそお風呂にゆっくりつかって疲れをとって、おいしいビールを
飲みたいですね!



サービススタッフ 今津
2008.05.22 Thu l 日記 l COM(0) TB(0) l top ▲
毎日暑い日が続いてますよね。
まだ5月だというのにこんなに気温が高いと、夏なんて来なきゃいいのになんて思ってしまいます。

だけど季節の変わり目ってなんだかわくわくしませんか?

私自身はスーツで通勤してますけど、外を歩いてる人の服装が夏の装いに変わってきてるのをみるといつもの景色も新鮮に感じられます。

ちなみに博多廊も季節の変わり目にきてます。オープンして3ヶ月が経ち、キッチンスタッフもサービススタッフもようやく博多廊に慣れてきました。これから夏に向けて今まで以上に旬のおいしい料理とサービスを提供していけるように頑張っていきます!


ホールサービス 早川
2008.05.21 Wed l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲
こんにちわアップロードファイル
今日は、サービス担当の濱田空太がお届けいたします絵文字名を入力してください


濱田空太を知っている方、知らない方もいらっしゃると思いますので簡単に自己紹介をさせて頂きます。


1984年2月23日博多で生まれ名前は「空太」(ソラタ)と命名。
初めて喋った言葉は「よかろうもん」

博多大好き!九州大好き!博多魂を忘れず24年間、これからはもっともっと九州を発展させていきたいと思っております ナャチヲ」。


さて、本日はあいにくの雨ですが皆さまいかがお過ごしでしょうか?

この雨も実は、旬の証しではないかと思いつつ執筆しております・・・。


皆さまの大切なその「瞬間」に我々博多廊スッタッフは「旬感」でおこたえいたします。


サービス担当 濱田


ranntann.jpg


hasi.jpg


poster.jpg
2008.05.19 Mon l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲
皆様はじめまして、お客様係りの朝倉と申します。
早速いきま~す!

 う~ん、とってもキミドリィ~な五月ですが
皆様いかがお過しでしょうか?

職業柄帰宅が遅い私の楽しみは・・・”音”ですっ!
帰宅して天神FMさんのFREE WAVE(77・7)でまずはクラブ系の
音で少しアゲつつ で1:00AM~のMidnight Jazzで陶酔&沈没、お疲れ様でした~フゥ。

過ごし易いこの季節の真夜中、好きなサーフィンの雑誌なんかボ~ッと片手に
Artな写真とJazzyな音で癒されてる毎日です。
音・・・気が向けばチェックしてみて下さい。

http://www.freewave777.com

そうそう、もう過ぎましたが5月1日はフランスで”Jour des muguets(すずらんの日)”
ってご存知でしたか?
愛する人や大切な人にすずらんを贈ると幸せが訪れるって縁起物で、
贈る人も贈られる人も幸せになれるそうです。

今の季節、すずらんが咲く素敵なガーデンをお持ちの方:いいなぁ~っ、
すずらん無いよ~って方はアクセでも贈られてみてはいかがでしょう、今からでも?

博多廊が入っているサウスサイドテラス1FのH・P・FRANCEさんには
メチャ素敵なアクセが一杯です。
実は、すずらんストーリー・・・franceさんで仕込みました・・・

お勧めのアクセは白い部分がすずらんの花になってて、
花の中にすずらんの香りを染み込ませたワザ有りでキミドリィ~なシリーズ。

キミドリィ~なインスピレーションは・・・franceさんのアクセから。

http://www.hpfrance.com

最後に写真で恐縮ですが、五月の気持ちいい風と共に
ご覧頂いた皆様へ幸せが訪れますように、Ciao!

                                      (担当:朝倉)

hp_small
2008.05.18 Sun l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲
2月9日にグランドオープンを迎え早3ヶ月・・・
この博多廊のスタッフにまた一人即戦力が加わりました。

彼は私達のグループの一つでもある、長崎伊王島から遥々やってきてくれました。
例年ゴールデンウィークに大賑わいとなる伊王島で頑張ってこられた方です・・・。
今年の伊王島が賑わっていたことは彼の肌の色でわかりました。

まだ五月とはいえ、彼の肌はまさに夏男といったところ。

男性スタッフと並んでみると違いは一目瞭然!!
しかし、肌の色だけではなく、サービスレベルもメジャー級☆
新加入した外国人助っ人・・・
もとい大塚さんがこの博多廊にまた新しい風を吹き込んでくれることでしょう♪


(博多廊 ディッシュアップ担当:中川)
2008.05.17 Sat l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲
いつもご利用ありがとうございます。


本日は、皆様からのご予約を承っている予約担当よりお届けします。


博多廊は、一度来て気に入っていただき、その後何度もご利用いただく
お客様が多くいらっしゃいます。
そのため、ご予約を頂くお電話で顔馴染みではなく、“声”馴染みになることもあります。
そんな声馴染みのお客様のご予約をお取りしていて気が付いたのですが、
博多廊をうまく利用しているお客様は、ご予約の段階でたくさんの情報を
下さるなと思います。

例えば、ご商談やご接待でご利用の際は、ゲストの方の人数はもちろん、
どこからいらっしゃるかどんなお酒がお好きか、
ご家族でご利用の際は「母の日だから、母の好きな○○を入れて」、
ご友人とご利用の際は、どんな集まりかなどの会の詳細や目的を教えて下さるのです。

その情報を調理スタッフやサービススタッフと共有して、
そのお席でのベストなおもてなしをスタッフみんなで考え、
それぞれがアイディアを出しあってます。
ですので、ご要望がありましたら、ご遠慮なくご相談ください。


20080516161855_convert_20080516163000.jpg


(予約担当 若杉)
2008.05.16 Fri l 日記 l COM(0) TB(0) l top ▲
今日は、博多廊総料理長の首藤がお届けします。


博多廊では、九州の旬のお魚を楽しんで頂くため、
天然物を毎日仕入れています。
その中で特にこの時期は、主に九州の西岸・長崎、熊本、鹿児島で
しか獲れない赤ウニをおすすめしています。

ウニというと、箱に並んでいるウニを想像される方も多いかと思いますが、
一般的に見かける箱に並んでいるウニは形崩れを防ぐために、
ミョウバン水で洗ってあります。


博多廊では、長崎、熊本のウニをご提供をしているのですが、
私のおすすめは
長崎県橘湾で獲れる赤ウニです。
ミョウバン水ではなく、塩水で洗っただけのウニをお出ししていますので、
形が崩れていることもありますが、味は一級品です。
天然物のためお出しできる数が少なかったり、入荷がないこともありますが、
5月から6月始めの旬のこの時期に、是非ご賞味頂きたい逸品です。


(総料理長 首藤 )

2008.05.15 Thu l l COM(0) TB(0) l top ▲
今日から、九州の旬 博多廊スタッフブログ 『博多廊 旬日記 』
はじめました。
毎日、日替りでスタッフが見つけた「旬」や博多廊での出来事を
お知らせいたします。

第1回目の今日は、女将の松藤ゆかりがお届けします。


博多廊では、今月9日から「鱧 (はも)しゃぶ 」を提供しているのですが、
実は、私は鱧が苦手だったんです。。
ですが、先日試食をして、鱧に目覚めました!

今まで食べていた鱧は骨が気になって、あまり好きになれなかったのです。
その話を総料理長にしたところ、鱧は小骨が多いため、捌くときに
“骨切り ”という処理が必要で、熟練の技だと教えてもらいました。
博多廊の鱧はお子様からお年寄りまで召し上がって頂ける程、
すごく食べやすい処理がされています。

また、しゃぶしゃぶにすると白い牡丹の花のように身が広がるのも綺麗で
目でも楽しめます。
これは、新鮮な鱧でしか綺麗にひらかないそうです。
博多廊では、水揚げ量の多い九州の鱧の中でも長崎港周辺で獲れたものを
仕入れており、新鮮なうちにご提供いたします。

新鮮な旬の走りの鱧をぜひ一度ご賞味下さいませ。

鱧しゃぶ


(女将 松藤ゆかり)
2008.05.14 Wed l 日記 l COM(0) TB(0) l top ▲