FC2ブログ
長月吉日。 
秋晴れの心地よい季節になりました。
本日は,九州の旬 博多廊厨房,津田龍司が,
この時期に是非とも飲みたい!!
博多廊の「薩摩流黒じょか」を紹介します。

黒じょかとは・・。 
鹿児島伝統的な酒器薩摩焼で作られ,
亀に似たような感じの器で,薩摩独特の酒器です。
とっくりのように,湯煎するものではなく,
直接火にかける。
お好みの水の量で割った芋焼酎に燗を付けて飲む為の物で,
焼酎のふくよかな旨みを引き出す。 
お湯割りとひと味違う美味しさが味わえます。

焼酎の本場,鹿児島の人は,黒じょかという酒器を使って
直火で燗づけという飲み方をします。

割り水は,水で割った焼酎を数日間寝かせることにより,
焼酎と水がじっくりなじみます。 
直接火にかける事から,「じかび」→「じょか」となった説だとか・・。
どんどん色が黒ずんでくる様子を含めて,焼酎用の土瓶だけを
「黒じょか」と呼んだとか・・。

九州の旬 博多廊で,秋の夜長を
心地よく過ごしてみてください。
スタッフ一同,心よりお待ちしております。

                   博多廊厨房
                   津田龍司より。
スポンサーサイト
2009.09.29 Tue l l COM(0) TB(0) l top ▲
皆様如何お過ごしでいらっしゃいますか?

肌寒い季節になってまいりました。
風邪にはお気を付け下さいね



最近の私の出来事と言えば・・・
先週大分の実家に帰省しました

実家はやはり落ち着きますね

自然がいっぱいで、空気も美味しいし、なんと言っても大分の特産豊後牛や柚ごしょう椎茸など
いろんな食材を食べました

とっても美味しかったです
久しぶりに家族団らんの食事をし、一人暮らしの私にはなんといっても幸せなひと時でした

皆でそろってお食事をするって幸せですね




シルバーウイークと言う事もあり、いつもは福岡まで高速バスで帰るのですが渋滞と言う事で

初めて湯布院の森号に乗って福岡まで帰ってまいりました
乗り心地がとてもよく停車駅ごとに沢山の電車を見る事ができいい体験ができました






なんとなんと現在
博多廊では、大分にわざわざ行かずとも
大分の厳選食材を使ったお料理が、10/31までの期間限定でお召し上がり頂けます


柔らか~い豊後牛を使ったランチが1380円でお召し上がり頂けます
お得です

天神に来た際は、
是非!!博多廊に足を運んで頂き大分の食材を堪能してみては如何ですか
一度は食べる価値あります

スタッフ一同最高のおもてなしでお待ちしております


予約センター 帆足
2009.09.27 Sun l 日記 l COM(0) TB(0) l top ▲
こんにちは

シルバーウィークはいかがお過ごしでしたか?


博多廊はおかげ様で過去最多のお客様にお越しいただきました

ほとんどの方が県外からお越しの方たちでしたが、とても満足してお帰りいただくことができました

中には、「いろんなお店を見て来たけど、一番雰囲気が良くてお料理もおいしそうだったのでここに決めました」というお客さまもいらっしゃいました

本当に嬉しいですね


また、水炊きと明太子に本当に感激してくださった関西からのお客様。
お土産に明太子を3つもお買い上げいただいてありがとうございました

おうちへ帰っても博多廊の味を楽しんでください


シルバーウィークが終わった今でも、観光のお客様、遠方からお越しのお客様がたくさん来て下さっています

博多廊なら、九州のおいしいものがいつでも食べれますよ

お待ちしています

サービススタッフ  沼田
2009.09.26 Sat l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲
皆さまいかがお過ごしですか

ようやく日中も過ごしやすくなってきて、各名所では秋の風景達が見ごろを迎えています
自然大好きな僕としては、先週の疲れを癒しに紅葉に行きたいなぁと考えてます


そうなんです
もう先週になりますが、シルバーウィーク期間中にはたくさんのお客様がお越しになりました

九州各地の美味しいものばかりを集めているから、県外からのカップルやご家族連れや、

いつもは仕事の同僚の方と来るサラリーマンのお父様がご家族を連れてきたり、

近隣のホテル様からご紹介いただいたり、

博多廊ホームページやぐるなびなどのページで知りましたという方々や、

普段は使えないけど今日は還暦のお祝いだから、

博多廊で娘が披露宴をするんです、      などなど・・・


博多廊にお越しになるお客様の層は実に様々でした


期間中の日曜には最高売り上げを更新するなど博多廊まだまだ成長してます


只今大分県産フェアを好評開催中です
車で二時間半掛けて大分に行かずともここ博多廊で味わえちゃいます

是非この機会に博多廊へお越しください

温かいお料理と楽しいお酒、心温まるサービスで皆様をお迎えいたします


博多廊サービススタッフ:中川
2009.09.26 Sat l l COM(0) TB(0) l top ▲
長月吉日。 
本日は,九州の旬 博多廊厨房,安久根准が,
博多廊の数ある銘酒を
「勝手にランキング」し,紹介します。

第3位。 
芋焼酎 鹿児島 明るい農村。  
霧島町蒸留所。黒麹菌と白麹菌の原酒をブレンドし,
コクとキレの良さを追求した焼酎。
江戸カメと呼ばれる昔ながらの甕壺で仕込んだ物。
やや辛口ですっきりしながらも,
芋らしいコクが楽しめます♪
水は,霧島山の清らかな水を使う。
200909121624001.jpg

第2位。  
芋焼酎 鹿児島 白天宝山。 
黄麹の『富乃宝山』,黒麹の『吉兆宝山』に続き,
白麹の個性を最大限に引き出して,造られた数量限定品。
鹿児島県内の契約農家の黄金千貫と薩摩峰山の伏流水,HOUMEIと同じ
自然水を使い甕壺で仕込む。
白麹らしい柔らかい口当たり
キレのある辛口の中に甘みを持つ。
200909121625001.jpg

堂々の第1位!! 
大分 麦焼酎 兼八。  
初代当主の名を冠する『兼八』は,麦本来の香ばしい香り
深みのある甘さ
を存分に堪能できる焼酎で,飲んだ後に広がる余韻も香ばしく長い。
原料には,焼酎にするには扱いが難しいとされる,
はだか麦と,はだか麦麹を使用。
麦そのものの個性を生かすべく,一粒一粒の香りや旨みを丁寧に引き出す。

200909121627000.jpg

九州の旨い銘酒旨いアテと共に,
秋の夜長を堪能してください。
九州の旬共に,スタッフ一同,心よりお待ちしております。

                          博多廊厨房
                          安久祢准より。

2009.09.25 Fri l l COM(0) TB(0) l top ▲
長月吉日。 
本日は,九州の旬 博多廊厨房,入江優作が,
博多廊に新しく,活力に満ちた「新メンバー登場」
紹介します。

アロマテラピー。
心身ともに,ココロ落ち着く有効成分で,
心地よい気分に浸れる,
自然療法のひとつ。
素材の持つ有効成分が,鼻から直接脳に伝わり,
呼吸を通じて肺から体内に取り込まれる。
リラックス感やリフレッシュなどの効果を
ココロとカラダにもたらすのだ。

この二人を一言で例えるなら・・。
博多廊のアロマテラピーである。 

小川佳奈さん。 
柑橘系の香り♪ 
例えるなら・・。
軽やかで親しみやすい。
優しい,温かい柑橘系♪
澄みきった香りに驚かされる。
オレンジスイートなフレッシュな甘い印象がある。
誠実な人柄をそのまま映し出す。
この香り,こころを明るし,周りに元気をくれます。

山下桂子さん。
花の香り♪ 
華やかさと甘さのある印象。
この人の花の香りは,女性らしさを持ち,
心を温かく包み込む。
ラベンダーな香りに例える。
清潔感のある甘い香りに,
心も体も落ち着き,
健やかな気持ちになるはずです。

この二人。
芯が強くて,柔軟な女性。
晴れ渡る愛嬌が,人々に愛されて止まないコト♪
博多廊で,心地よい秋を感じるはずです。
今宵も二人の居心地の良さにすっぽりと包まれ,
博多廊に,いくつもの華を添えてくれる。 

                       博多廊厨房
                       入江優作より。

2009.09.24 Thu l l COM(0) TB(0) l top ▲
長月吉日。 
本日は,九州の旬 博多廊より,
先日,博多廊を卒業した
森田知佐さんを紹介します。

原点に立ち返ったこの人だけの
ホスピタリティは,一言では語れない。 
ただただ,不思議なことに,日常に無い特別感を与えてくれる。
そっと華を添えるさりげなさと柔らかな存在感。
ナチュラルで,透明なピュアなシルエットに,心が思わず触れあってしまう。
キュートな大人の女性と,
しっかりフェミニンな乙女心を持ち合わせる
マッチングが絶妙だし,らしさでもある。

誰もがその素材感を選択するはずです。 

初めて逢うのに,どこか懐かしく,そんな優しさ温かさ
親近感を感じます。

「優しい気持ちになれる。」 
この人だけの唯一無二です。
九州の旬 博多廊での経験は,必ず財産になるはずです。
これからも「森田知佐のブランド力」
大事に,大切にしていてほしいと思う・・。

も→りちゃん!!
遠く離れて居ても,
博多廊と静かに繋がっているよ。
心を込めて花束を
いろいろありがとう♪

思い出を,そっと引出しに・・。
                      九州の旬 博多廊
                      スタッフ一同より。


2009.09.23 Wed l l COM(0) TB(0) l top ▲
すっかり秋を感じる季節になりましたが、皆様如何お過ごしでいらっしゃいますか?

秋はとっても素敵な季節なのですが、私は8月生まれということもあり夏が大好きで、少し涼しくなってくると夏が終わってしまうんだなーと思い寂しくなってしまします

そこで、先週まだまだ常夏の沖縄 石垣島へ行ってきました
お天気にも恵まれ、大自然を満喫してまいりました
なかでも、海の美しさは言うまでもありませんが、夜の星空もとても素晴らしかったです
こんなにたくさんの星を見た事がなく、なんとも言えない気持ちになりました
流れ星も2つ流れたので、願い事もちゃっかりしてきました(笑)

そして夕食には、石垣牛を食べてきました
焼肉で頂いたのですが、とってもジューシーで美味しかったです
石垣島に行かれた際は是非お召し上がり下さいとはいってもなかなかいけませんよね…そ・こ・で

博多廊では、現在豊後牛をお出ししております
先日私も食べてみたのですが、もうほんとーに美味しすぎてぺろっと食べてしまいました
ランチでお召し上がりいただけますし、このお値段はかなりお値打ちです

豊の国ランチ お一人様1,380円 [11:00~15:00] (オーダーストップ 14:00)

ぜひ足を運んでみてください

皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。

予約担当 木村
2009.09.20 Sun l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲
最近はすっかり涼しくなりましたね

体調管理には気をつけてくださいね


さて、博多廊ではいよいよ明日から大分県特産品フェアが始まります

お昼には豊の国ランチ、ディナーには豊の国山海しゃぶ鍋をご堪能いただけます



また、大分県特産品の販売もいたします


大分に行かなければ買えない、ドレッシングやごまだれなどなど…
この博多廊でお買い求めいただけます


様々なお料理にも入っておりますので、気に入っていただけましたらお家でもいかがですか?

博多廊特製、辛子めんたいこもごいっしょに



博多廊サービススタッフ  沼田
2009.09.15 Tue l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲
長月吉日。
本日は,九州の旬 博多廊厨房,安高洋子さんが,
「秋のぞっこん野菜。」 を紹介します。

初秋から冬にかけて,
栽培キノコの美味しい季節です。
種を作らず,枯れ木や枯れ葉から養分を取り胞子で,増える天然キノコは,
森の分解者とも表現されます。
温暖湿潤な日本は,まさにキノコの宝庫です。

野生のキノコの仕組みは,キノコのつぼみは,
菌糸から送りこまれる水分で,グングン成長し開きます。
キノコが完成する時には,ひだの間に,
次の命を伝える胞子も出来上がっているわけです。

栽培キノコの場合は,椎茸であればタヌギなどの木に菌を植えます。
自然に近い形の原木栽培と,おかくずに米ぬかなどを固めた栽培に
菌を植える菌床栽培があります。

野生では,春から冬の2回ですが,栽培では様々な品種によって
通年収穫できるものもあります。
しかし,味が良いものは冬菌を使ったもので,
やっぱり,キノコの食べ頃と言えば秋から冬です。

美味しい目利きは,
厚木椎茸は,表面に傷がなくて肉厚で,
手に持って重量感があり,香りが良いもの。
キノコは一般的に,かさの表側が茶色く変色しているものは鮮度が悪い証拠です。

200909111222000.jpg


最近は,ノンカロリービタミンB群を含む
キノコに注目が集まっています。
一、秋野菜の天婦羅盛り合わせ。
一、秋野菜のホイルバター焼。

一、松茸と秋野菜炭火焼。などなど・・

九州の旬と共に,スタッフ一同,心よりお待ちしております。

                        博多廊厨房
                        安高洋子より。
2009.09.14 Mon l l COM(0) TB(0) l top ▲
朝夕はめっきり涼しくなり、肌寒ささえ感じる季節となって参りましたが

皆様いかがお過ごしでしょうか?

体調など壊されていないでしょうか?どうぞご自愛くださいませ


さて、【九州の旬 博多廊】では

9月15日(火)~10月31日(土)の期間限定で、自然豊かな大分県の海の幸、山の幸を

ふんだんに取り入れたお献立で【大分県特産品フェア】を開催いたします。


実はわたくし、大分県出身でして。。。。

大分の美味しい食材を皆様にお召し上がり頂ければ、と。


特にオススメは、

ずばり【豊後牛】と【椎茸のステーキ】です。

きめ細かい霜降りを持ち、まろやかでとろけるような風味を持つ【豊後牛肉】

生産量日本一の肉厚な【椎茸のステーキ】

どちらも逸品です


是非皆様にもご賞味頂ければ幸いです。

九州の旬 博多廊にてお待ちしています



豊の国ランチ お一人様1,380円 [11:00~15:00] (オーダーストップ 14:00)

豊の国山海しゃぶ鍋 お一人様2,980円 [17:00~24:00] (オーダーストップ 23:00)


高山啓二
2009.09.13 Sun l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲
「味覚の秋」・そして「食欲の秋」がやってまいりました
そしてそして、日本酒も秋は一番おいしい季節です
早春に絞られた新酒もひと夏を越してちょうどいい頃合いに熟成し、味ノリしてまろやかに。
その旨みたっぷりの円熟のあじをお届けいたしますのが「ひやおろし」
秋の味覚とも相性抜群の、秋に旬のお酒です。

「ひやおろし」とは、古くは樽詰の際に火入れをせず、生(ひや)のまま詰められたところから
きた言葉に由来し、夏場の熟成を経て、秋口に入り生詰め(おろす)されるお酒の事を言います。

もちろん博多廊でも「ひやおろし」入荷いたしました

「独楽蔵 無農薬山田錦特別純米ひやおろし」【福岡県】
2007年にモンドセレクション金賞を受賞したあの独楽蔵のひやおろし
レギュラー酒との飲み比べをしてみると熟成の旨みがわかるかも

「能古見 特別純米ひやおろし」【佐賀県】
フルーティーかつ辛口な和食にぴったりのお酒
秋の味覚との共演を楽しみたい

秋の旬の味覚と旬のお酒を今宵ぜひ博多廊にて・・・・・

九州の旬 博多廊  サービススタッフ:田村 高太郎
2009.09.12 Sat l お知らせ l COM(0) TB(0) l top ▲
長月吉日。
本日は,九州の旬 博多廊厨房,松隈依子さんが,
「博多廊流婚礼」 を紹介します。

まずは,お客様のカルテ作り
お客様との対話から,そのお客様の想いを汲み取り,
プランに消化していく。
お客様の求めたシーンがあって,
思い出の場面があって,背景を知り、
季節があって,想いがある・・。

作り手が語り尽くしてしまうモノとは,
違うモノを,お客様との出会いのトキの中で,作り上げていく。

お客様にとって一番を,最良を見つける,
大切な作業・・。

売れそうなプランを立てるスタイルではなく,
お客様それぞれと共有した時間を,今回のお祝いに映し込む。
また,お客様と共有した物語を
親御さんたちやお子様方に伝えていけたら・・。

博多廊婚礼プランナーは,  
博多廊のハーモニーを奏でる
演奏者の一人。
お祝いは,一人で造り上げる音楽ではなくて,
たくさんのハーモニーを奏でる,ひとりひとりの演奏者が,
みんなの思いと技術力が合わる事で,
音の膨らみが出てくるモノ。
各ポジションを束ねていきながら,間のコミュニケーションを
密に取りながら,
お祝いという物語に, 
思い出とか,記憶という素敵な時間に,
染まり込んだモノになるようにする。

お祝いは一生に一度のハレの舞台。 
お二人の幸せそうな笑顔,
ご来賓の笑顔,ご両親の涙・・。

仕込みから調理,盛り込みまで、想いを込めていく。
全ては,最高の1日を最高に演出する為に・・。 

                      博多廊厨房
                      松隈依子より。

2009.09.07 Mon l 婚礼 l COM(0) TB(0) l top ▲
朝・晩とだんだん涼しくなってきた今日この頃、みなさんはいかがお過ごしですか

まだまだ日中は30度を超えて暑い日が続いていますが、
昨日外から帰宅すると、食卓の上にはサンマ
秋ですねぇ~ 読書の秋食欲の秋です
私は一年を通して一番ほっこりするのがこの季節です

博多廊のメニューにもぞくぞくと秋の味覚が顔を出してきましたょ
サンマに松茸、銀杏など聞いただけでもワクワクしちゃいますね
まだまだ食欲をそそる食材たちがたくさん使われたお料理が皆さんがいらっしゃるのを
待っているので、ぜひぜひご来店いただき、秋の味覚を存分に味わってみてください

お待ちしておりまぁ~す


岩崎

2009.09.06 Sun l l COM(0) TB(0) l top ▲
長月吉日。 
高く澄みきった空に,白いウロコ雲が浮かんでいます。
もうすぐ秋です。

本日は,九州の旬 博多廊厨房,西山貴敏が,
「秋ファンタジー。」 を紹介します。

は,野菜を食べる季節です。

初秋は,夏の炎天下をくぐりぬけてきた野菜で,畑は,にぎわってきます。
ウリ系,ナス系など,夏の名残り野菜は,皮が固くなり,張ってくると,
北から吹く風とともに,野菜の産地が南下してきます。
そうなると,夏野菜の姿は消えて,涼しくなった秋の畑は,
根菜類がスクスクと育ってきます。
大根,さつま芋などの根を食べる野菜には,タンパク質,デンプン,糖分,ビタミン,ミネラルなどが
豊富で,夏の疲れを回復されてくれます。
白根のカブ,惚れ惚れするほど美しい紅色のさつま芋は,
ホクホクした甘さがたまりません。
種イモから親イモが出て,子イモ,孫イモ,ひ孫イモが,どんどん増えていく里芋は,
昔から子孫繁栄の食べ物と言われいます。
あっさりとした味の名脇役でもある長芋,
中国では,薬用として食べられるゴボウに,
蓮の地下茎を味わう蓮根,自然の消化薬でもある大根など,
秋の畑は,よく知ってる根や茎を食べる野菜宝庫です。

根菜類を食べると体が温めます。
旬の野菜は,健康を支えてくれる季節からの贈り物です。
過酷な冬に備えましょう。
九州の秋と共に,スタッフ一同,心よりお待ちしております。

                           博多廊厨房
                           西山貴敏より。

2009.09.01 Tue l l COM(0) TB(0) l top ▲