FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
霜月吉日。  
吹く風に冬の到来を感じるこのごろ・・。

本日は、『博多廊舌上鍋決戦!』を、
博多廊厨房スタッフ、安高洋子さんがお伝えします。

博多の郷土料理の代表格。
東西横綱、『水炊きVSもつ鍋』 

一、水炊き
かしわ一筋。至高の水炊き。
皮や骨の付いた鶏肉のぶつ切りを用い、
鶏肉や骨から出る旨味、コラーゲンを生かす。
とろりとして、野菜とかしわが混在する、グラマラスなスープ。
好みで、薬味を加え、より異なるアレンジを描き、味わいを深める。
   水炊きは流れが命。
一、まずは、スープ。湯呑みは、お茶を飲む為のものあらず。
  水炊きに欠かせぬ博多ねぎを入れ、スープをよそい味わい飲む。
一、次に、かしわを。
  骨付きのかしわは、最初から鍋にあり、すでに食べ頃。
一、更に、特製鶏ももミンチを投入。
  身とミンチを頂いたのち、野菜や豆腐をイン。 
一、フィナーレは、雑炊。
  ご飯を入れ、沸々としてきたら、プリプリの溶き卵を回し入れ、
  博多ねぎをぱらり。

一、もつ鍋。 
第二次もつ鍋ブーム到来。
博多廊は、もつとよく絡み合う、濃厚胡麻味噌魚介系スープ。
にんにくの効いたスープでスタミナ回復。
また、柚子胡椒を少し。
爽快感のある香りが口の中に広がり、もつやニラのクセを消す。
甘みの強い冬キャベツ、強い薫りとスタミナ野菜のにら、
もつの食感と濃厚な脂、味噌と胡麻の風味と、
にんにくとタカの爪の香り、これらが絡み合った時。
まるで、化学反応が起きたように、
絶妙なエキゾチックに変身する。


舌上鍋決戦。 
かしわVSもつのコラーゲン対決! 
旨い鍋を狙い撃ちして、寒い冬、忘年会時期に、
スタミナをつけ、風邪予防や疲労回復を、
しっかりしておきたい。

博多廊スタッフ一同、心よりお待ちしております。
                         
                         博多廊厨房
                         安高洋子より。

水炊き&もつ鍋入りの忘年会コース。
ご予約お問い合わせは、『092-687-5656』博多廊まで。
スポンサーサイト
2009.10.29 Thu l l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://hakataroustaff.blog43.fc2.com/tb.php/182-5dc8716d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。