FC2ブログ
水無月吉日。梅雨前線が気になるこの頃・・。

本日は,九州の旬 博多廊厨房,入江優作が,
「博多廊の水無月。」 を紹介します。

入梅の頃,気が沈む低気圧・・。
雨の日だって,自分らしく,気持ちをフラットに♪
食事を楽しむ,リラックス感とメリハリが大事です!!

九州の初夏。

一,伊佐木=イサキ。
夏の庶民派の魚の代表。
旬のイサキの刺身は,鯛に匹敵します。
適度に脂ののった白身魚。
イサキの旬は6月から7月。
梅雨の頃,イサキはツユイサキと言って高級に珍重されます。


一,鰹=カツオ。
初夏の薫りを感じされる魚。
鰹の旬は,初夏から秋にかけて。
初夏のカツオは,あっさりしており,
秋のものは,脂がのっている。
「目に青葉山ほととぎす初カツオ」
の旬はあまりにも有名です。


一,鱧=ハモ。
ウナギ型,ウナギの仲間の特徴は,栄養が豊富で,特にハモは,
皮膚の老化を防ぐコンドロイチンが豊富で,京美人はハモによって,
育まれたのでは・・と言うほどです。
「ハモは梅雨の水を飲んで美味しくなる。」
と言われるように,
6月から7月が最も美味しい時期です。
ハモは,骨切りをします。
1~2㎜幅に包丁を入れ,皮一枚残す,
かなりの熟練を要する仕事を必要にします。



ここなら何か見つかる期待感♪
旬の食材で,ココロとカラダに
大地のエネルギーを♪
が,ココロのスイッチを切り替えてくれるはずです。
九州の旬と共に,スタッフ一同,心からお待ちしております。

                       博多廊厨房
                       入江優作より。

スポンサーサイト



2009.06.05 Fri l l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://hakataroustaff.blog43.fc2.com/tb.php/292-3ef7cdf3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)