FC2ブログ
文月吉日
連日の梅雨空のおかげ様で,新緑もひときわ色鮮やかです。

本日は,九州の旬 博多廊厨房スタッフ,松隈依子さんが,
「博多祇園山笠」を紹介します。

760余年の伝統を誇る博多祇園山笠。 
福博の町に夏を告げる博多祇園山笠。
国の重要無形民族文化財でもあります。
7月1日より,福岡市内あちこちに,豪華な飾り山(静の山笠) 
が公開され,福博の町は,山笠一色に染まり,
と動が見事に競演する熱い15日間
が始まります。
締め込み姿の舁き手の男集に,威勢よく勢い水がかけられ,重量1㌧もの舁き山を
勇ましい掛け声と共に舁き,博多の町を走りぬける舁き山は,
緊張感とスピード感に溢れる(動の山笠) 
勢い水。山笠が走る時に,沿道から浴びせる水。
          舁き手のほってた身体を冷し,道路を濡らす事で山笠の進行を円滑にし,
          山笠台を固定する麻縄を強くする効果がある。

7月15日午前4時59分の「追い山」でクライマックスを向かえ,
博多の町は熱狂のるつぼと化し,
「山のぼせの男達」の鼓動と熱い魂は,見る人全てに感動を与えます。

博多祝い唄。祝い目出度とも言い,博多では,めでたい席で必ずこの唄を歌います。
           山笠では,追い山で一番山が清道を廻った時に,
           また一年間に亡くなった流れの功労者の霊を感謝する際に,
           故人を偲んで歌う。

           「祝い目出度の~♪若松様よ~♪若松様よ~♪
            枝も栄ゆりゃ~♪葉も繁る~♪
            エーイショウエ~♪エーイショウエ~♪
            ショウエ~ショウエ~♪
            ションガネ♪アレワイサ~ソ~♪
            エ~サ~ソエ~♪ションガネ♪」

博多の夏,博多廊の夏がやって来ました!
九州の旬と共に,スタッフ一同心よりお待ちしております。

                        博多廊厨房
                        松隈依子より。

スポンサーサイト



2009.07.03 Fri l l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://hakataroustaff.blog43.fc2.com/tb.php/317-d5e79bf0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)