FC2ブログ
文月吉日。いよいよ夏の到来を迎え・・。
日ごとに暑気が増してまいりますが・・。

本日は、九州の旬 博多廊厨房、安久祢准が、
「余情残心」を紹介します。

茶の世界に「余情残心」 という言葉があります。

正式な茶事では、主客は、無言の一礼で一会の終わりを示す。
お客も述べたい謝辞や感想など語りたい事は、数多いあれど、
全てを胸に収め、立ち去りがたい気持ちを抑え、潔く座を辞す。

送られるお客、送る店主、どちらもが、
言葉にならない想いをあえて口に出さず、
「次回の会を楽しみに」と念じつつ、
過ぎた時間の余韻を静かに楽しむ。

門口で姿が見えなくなるまで、見送ってくれる主人に、
たとえ姿が見えなくとも、心を込めて礼をする。

お客様とお店が共有した時間の後、
身は離れても心を添わせる。 
そんな風情が「余情残心」なのです。

九州の旬 博多廊スタッフ一同。
お客様の濃密な時間を大切にしたいと、心から想っております。
今宵もお客様の笑顔が見たくて・・。
大切なハレの日のお手伝いに・・。
毎月毎月、会を開いて頂けるように・・。
これからも長いお付き合いになりますように・・。
残暑お見舞い申し上げます。

                        博多廊厨房
                        安久祢准より。
スポンサーサイト
2009.07.23 Thu l l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://hakataroustaff.blog43.fc2.com/tb.php/330-baf886b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)