FC2ブログ
葉月吉日。 
朝夕は,ずいぶんしのぎやすくなり・・。
秋は,もうすぐです・・。

本日は,九州の旬 博多廊厨房スタッフ
津田龍司が,博多廊に,いち早く訪れた
「博多廊の秋」を紹介します。

一、秋刀魚=さんま
大型船の秋刀魚の漁獲解禁が8月末。
以降,南下する魚群を追って12月まで漁獲されます。
ただ,脂肪分は南下するに従って,徐じょに減っていきます。
その為,夏の終わり頃から,北海道東部の秋刀魚が
多く出荷されるようになります。鮮魚として出荷されるのは
全体の4割程度,残りは,ほとんどが冷凍され,旬の時期以外でも
店頭に並びます。

つまり、この時期の秋刀魚
一番鮮度の良い,「旬」というわけです。

特にくちさきや尾の付け根が黄色くなっている物は
「大漁さんま」と呼ばれ,脂がのって最高に美味しいです。

秋刀魚と言えば,塩焼のイメージですが,
漁師と釣り人にだけ恵まれる,刺身は,最高の料理の滋味と言います。
また,秋刀魚のたたきに,味噌を加えてなめろう風や,
シソを入れてたたき込みなどは,酒の肴に格別です。

偉大なる自然に感謝して。
九州の秋と共に,スタッフ一同,心よりお待ちしております。

                          博多廊厨房
                          津田龍司より。
スポンサーサイト



2009.08.28 Fri l l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://hakataroustaff.blog43.fc2.com/tb.php/353-2cf0f3bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)