FC2ブログ
長月吉日。 
高く澄みきった空に,白いウロコ雲が浮かんでいます。
もうすぐ秋です。

本日は,九州の旬 博多廊厨房,西山貴敏が,
「秋ファンタジー。」 を紹介します。

は,野菜を食べる季節です。

初秋は,夏の炎天下をくぐりぬけてきた野菜で,畑は,にぎわってきます。
ウリ系,ナス系など,夏の名残り野菜は,皮が固くなり,張ってくると,
北から吹く風とともに,野菜の産地が南下してきます。
そうなると,夏野菜の姿は消えて,涼しくなった秋の畑は,
根菜類がスクスクと育ってきます。
大根,さつま芋などの根を食べる野菜には,タンパク質,デンプン,糖分,ビタミン,ミネラルなどが
豊富で,夏の疲れを回復されてくれます。
白根のカブ,惚れ惚れするほど美しい紅色のさつま芋は,
ホクホクした甘さがたまりません。
種イモから親イモが出て,子イモ,孫イモ,ひ孫イモが,どんどん増えていく里芋は,
昔から子孫繁栄の食べ物と言われいます。
あっさりとした味の名脇役でもある長芋,
中国では,薬用として食べられるゴボウに,
蓮の地下茎を味わう蓮根,自然の消化薬でもある大根など,
秋の畑は,よく知ってる根や茎を食べる野菜宝庫です。

根菜類を食べると体が温めます。
旬の野菜は,健康を支えてくれる季節からの贈り物です。
過酷な冬に備えましょう。
九州の秋と共に,スタッフ一同,心よりお待ちしております。

                           博多廊厨房
                           西山貴敏より。

スポンサーサイト
2009.09.01 Tue l l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://hakataroustaff.blog43.fc2.com/tb.php/358-8c042ac1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)