FC2ブログ
葉月吉日。 
本日は,九州の旬 博多廊厨房から、
卒業を迎えたスタッフを紹介します。

古いアルバムの中に,かくれて思い出がいっぱい♪
無邪気な笑顔。
限りなく澄んだ君は,大人の階段上る・・。
貴女はまだ,シンデレラさ。
幸せはきっと。運んでくると信じているよ。
少女だったと,いつの日か、
想う時が日が、懐かしく,振り向く日が,くるのさ・・♪

下条いずみ
昭和63年,長崎県壱岐市4姉妹の3女として生まれる。
壱岐の大自然の中,愛情いっぱいの家庭で活発に育つ。
幼少時代に,家族との食事で腕を奮って,
家族に褒められ,料理人を目指すようになる。
『わたしの心得』 
毎日,同じ事を手を抜かず,やり続ける事。 
先輩に教えて頂き,肝に命じている事があります。
一、もてなしの要は,自分が心から楽しむ事。
一、自分が嬉しい事を相手にする事。
一、しっかりとした土台があれば,怖いものは無い事。
一、大切なのは想像力。
   自分の未来を具体的にイメージして,努力を重ねる事。
最後に、
一、人に優しくする時は、人に気づかれない様にしなさい。
これからも、
私は、私に出来る事を挑戦し続ける。
 
      

博多廊に約4年・・。
様々な試練を乗り越え,
間違いなく彼女の存在は,博多廊を支えてきました。 
カウンターキッチンに2年・・。
無邪気な笑顔と,人見知りしない性格と,
ピュアな心と,根性溢れるガッツで。
誰にでも親しみ,溢れる性格で,博多廊を繁盛店へ,
のし挙げたのは,雨の日も晴れの日も,
カウンターに立ち続けた,
彼女の力と言って過言でないと思う。 

これからも,その持ち前で,様々な事にチャレンジして,
一回りも,ふたまわりも成長すること
優しい心と豊かな心と温かい心をもった人に。
心から期待する。
体には,十分気をつけて。

                        九州の旬 博多廊
                        厨房より。

スポンサーサイト



2009.08.14 Fri l l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://hakataroustaff.blog43.fc2.com/tb.php/36-e5f3fd95
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)