FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
長月吉日。
本日は,九州の旬 博多廊厨房,松隈依子さんが,
「博多廊流婚礼」 を紹介します。

まずは,お客様のカルテ作り
お客様との対話から,そのお客様の想いを汲み取り,
プランに消化していく。
お客様の求めたシーンがあって,
思い出の場面があって,背景を知り、
季節があって,想いがある・・。

作り手が語り尽くしてしまうモノとは,
違うモノを,お客様との出会いのトキの中で,作り上げていく。

お客様にとって一番を,最良を見つける,
大切な作業・・。

売れそうなプランを立てるスタイルではなく,
お客様それぞれと共有した時間を,今回のお祝いに映し込む。
また,お客様と共有した物語を
親御さんたちやお子様方に伝えていけたら・・。

博多廊婚礼プランナーは,  
博多廊のハーモニーを奏でる
演奏者の一人。
お祝いは,一人で造り上げる音楽ではなくて,
たくさんのハーモニーを奏でる,ひとりひとりの演奏者が,
みんなの思いと技術力が合わる事で,
音の膨らみが出てくるモノ。
各ポジションを束ねていきながら,間のコミュニケーションを
密に取りながら,
お祝いという物語に, 
思い出とか,記憶という素敵な時間に,
染まり込んだモノになるようにする。

お祝いは一生に一度のハレの舞台。 
お二人の幸せそうな笑顔,
ご来賓の笑顔,ご両親の涙・・。

仕込みから調理,盛り込みまで、想いを込めていく。
全ては,最高の1日を最高に演出する為に・・。 

                      博多廊厨房
                      松隈依子より。

スポンサーサイト
2009.09.07 Mon l 婚礼 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://hakataroustaff.blog43.fc2.com/tb.php/360-270bcbab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。