FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
長月吉日。 
本日は,九州の旬 博多廊厨房,安久根准が,
博多廊の数ある銘酒を
「勝手にランキング」し,紹介します。

第3位。 
芋焼酎 鹿児島 明るい農村。  
霧島町蒸留所。黒麹菌と白麹菌の原酒をブレンドし,
コクとキレの良さを追求した焼酎。
江戸カメと呼ばれる昔ながらの甕壺で仕込んだ物。
やや辛口ですっきりしながらも,
芋らしいコクが楽しめます♪
水は,霧島山の清らかな水を使う。
200909121624001.jpg

第2位。  
芋焼酎 鹿児島 白天宝山。 
黄麹の『富乃宝山』,黒麹の『吉兆宝山』に続き,
白麹の個性を最大限に引き出して,造られた数量限定品。
鹿児島県内の契約農家の黄金千貫と薩摩峰山の伏流水,HOUMEIと同じ
自然水を使い甕壺で仕込む。
白麹らしい柔らかい口当たり
キレのある辛口の中に甘みを持つ。
200909121625001.jpg

堂々の第1位!! 
大分 麦焼酎 兼八。  
初代当主の名を冠する『兼八』は,麦本来の香ばしい香り
深みのある甘さ
を存分に堪能できる焼酎で,飲んだ後に広がる余韻も香ばしく長い。
原料には,焼酎にするには扱いが難しいとされる,
はだか麦と,はだか麦麹を使用。
麦そのものの個性を生かすべく,一粒一粒の香りや旨みを丁寧に引き出す。

200909121627000.jpg

九州の旨い銘酒旨いアテと共に,
秋の夜長を堪能してください。
九州の旬共に,スタッフ一同,心よりお待ちしております。

                          博多廊厨房
                          安久祢准より。

スポンサーサイト
2009.09.25 Fri l l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://hakataroustaff.blog43.fc2.com/tb.php/364-1db8f219
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。