FC2ブログ
おせち料理には「子孫繁栄」「無病息災」「豊作」等、
 それぞれにおめでたい意味があり、海の幸、山の幸を上手に取りそろえ 
 健康の事もきちんと考えられているのです。
 そんな博多廊のおせちの中から、いくつか書き出してみました。

 一、昆布巻き こんぶは「養老(ようろう)昆布」と書いて「よろこぶ」と読ませ、
        不老長寿とお祝いの縁起ものとされます。
 
 一、黒豆   中国の信仰で、黒は邪気をはらい、長生きをもたらす色とされ、
        健康に「まめ」に暮らせるようにと願います。
 
 一、数の子  ニシンの卵でニシンはアイヌ語で「カド」とも言われ、カドの子がなまって
        数の子に。子だくさんで子孫繁栄を願います。
 
 一、田作り  材料のカタクチイワシは昔、肥料として田作りに欠かせませんでした。
        米が五万俵とれた事から五万米(ごまめ)とも言います。
 
 一、きんとん 「金団」と書き、黄金の団子→(かたまり)を意味し、
        商売繁盛、金運をもたらす縁起ものとされます。

          それぞれに意味がある「おせち」 
          是非ご家族で、ご友人と、職場のみなさまでおせちを囲み
          会話のひとつにでも加えて頂ければ、ちょっとは自慢出来る。。。カモ!?
          明るく、楽しく、新年を迎えていただければ嬉しく思います。
                           九州の旬博多廊 調理 西山貴敏
            
             限定100個の「博多廊おせち」残りすくなくなってきました
                 ご予約は092-687-5656まで!



    
スポンサーサイト
2009.12.09 Wed l お知らせ l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://hakataroustaff.blog43.fc2.com/tb.php/415-85dfa409
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)