FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
睦月吉日。
本日は,九州の旬 博多廊厨房,古舘光博が,
博多廊の新年会コース
長崎県産 虎ふぐづくしコースを紹介します。
寒さが深まるに連れて,フグの身は締まり白子は大きくなります。
上品にして,これ程に淡白にして,味深い魚はありません。

まずは,フグとは・・
青酸の10倍の毒を持つと言われるフグですが・・
歯ごたえのある上品な白身は,冬の味覚の№1です。

食用に出来るフグには,虎フグや,
マフグ,カラスフグ,ショウサイフグ,カナトフグ,サバフグなどがあります。
なんと言っても最高級品として,取り扱われるのは虎フグです。

フグの毒に,肝臓や精巣,卵巣などの臓器に含まれるため,
さばくには,知識と熟練を要します。
そのため,法律でフグ処理師の免許を持たないと
さばく事が出来ないと定められています。
フグの最も美味しいのは, 
薄造りにした刺身。
骨と一緒にぶつ切りにした,フグちり鍋,
鍋あとの,仕上げのフグ雑炊は,よくフグのだしが効いた格別です。
ポン酢は,フグの味を引き立てる,柑橘類がよく効いたポン酢がお勧めです。
フグの旬の時を同じく柑橘類や唐辛子,ネギ類も育ち,収穫を迎えます。
また,皮の湯引きやフグの旨みが凝縮した白子,
フグ料理にピッタリのフグのヒレ酒は芳醇な香りがする絶品です。
九州の旬 博多廊 新年会特別コース
長崎産 とらふぐづくし お一人様6千円
一,旬の前菜 一,とらふぐ刺 一,とらふぐから揚げ 一,とらふぐちり鍋 一,雑炊 一,デザート

九州の旬と共に,スタッフ一同,心よりお待ちしております。

                      博多廊厨房 
                      古舘光博より。

スポンサーサイト
2010.01.16 Sat l l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://hakataroustaff.blog43.fc2.com/tb.php/435-f65120d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。