FC2ブログ
 皆様 こんにちは。
 暑い暑い毎日ですが、いかがお過ごしでしょうか。
 
 外の暑い気温に負けないぐらい、暑い気持ちで、
 本日博多廊では、
 【ご結納お勉強会】を行いました。            ☆黒田様 ありがとうございました!☆

 結納パンフ

 ・結納とは
 ・結納品の意味
 ・結納式の流れ   等々です。

 奥深い日本文化です

 結納品は、お納めするエリアによって、内容が異なっていたり、
 結納品は、全て文字数が奇数になっていたり、
 1つ1つの結納品には意味があったり、等々
 大変勉強になりました。

 その中の1つを、ご紹介させて頂きますと、
 九州ならではの結納品として、「お茶」が結納品として入っております。

 結納品では、このを 「御知家・おちや」と書きます。
 ↑漢字の通り、ご両御知り合いになるという意味が含まれます。
 
 また、お茶を贈られるのは、
 お茶の木は一度だけ移植すると、良質なお茶ができる。
 ↑「お嬢様が嫁ぎ先で、良いお嫁さんになる。」
 
という願いが込められているそうです。

 さらに、そのお茶は番茶をご準備されるそうで、
 番茶 → 一度しか出ないお茶 → 二度と出ない 
 ↑「お嬢様が嫁がれたお家から出ない。」

 という想いが込められているそうです。
 
 日本の文化って奥が深いなぁ
 意味があってその文化が脈々と受け継がわれているだなぁと感じました。

 そういった大切な想いをご両家の皆様が迎えられるお席に、
 この博多廊をご利用頂けるなんて、本当に光栄です
 今後は一層、大切なお席のお手伝いを想いを込めて、
 サポートさせて頂きます!

                                                  ●林●
 
 

 


 

  

 
スポンサーサイト
2008.07.17 Thu l 婚礼 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://hakataroustaff.blog43.fc2.com/tb.php/78-9ba9ec71
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)